読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

実写版「時をかける少女」2010

映画、その他映像

 やっと富山で公開になったので、おなじみフォルツァ総曲輪へ→http://www.tmo-toyama.com/forza-sogawa/
 富山だとココしかミニシアターなくて選択の余地なし。 今回は1974年へ飛びます。TV版(「タイム・トラベラー」)の続編という設定だそうな。見たこと無いけど、たぶん劇場版(原田和世の)とほぼ同じ。


 以下、ストーリー概要

高校卒業を目前に控えた芳山あかりは、母・和子が薬学者として勤める大学にも無事合格し、新たな生活に胸を弾ませていた。ところが、和子が交通事故に遭い、事態は一転。「過去に戻って、深町一夫に会わなくては…」と必死に訴えながら昏睡状態に陥った母の願いを叶えるため、和子が開発した薬を使って 1972年4月にタイム・リープすることを決心する。


 時空を飛び越えたあかりは、過去の世界に到着。しかし、なんとそこは1974年2月。間違えて行くべき場所から2年も経った時代に飛んでしまったあかりだったが、偶然出会った映画監督志望の大学生・涼太とともに深町一夫探しを始める。


 四畳半一間のアパートに同居し、涼太の映画製作を手伝ううちに、やがてあかりは涼太に恋心を抱き始めるが・・・。
―――http://tokikake.jp/indexp.html

総評

 ストーリーラインが多少強引な所が目に付いたのと、セットの時代考証の全体感がぼやけていたのが気になったので、感想としては平均点かなぁ・・・仲里依沙による加点で合格点。

ミニシアター系ラブストーリーでありがちパターンwww

 あと、あかりと涼太が仲良くなっていくプロセスが「Allways三丁目の夕日」の二番煎じに見えてしまった・・・穿って見過ぎ?
 象徴的なシーンが風呂屋のシーンと映画撮影のシーンというのは、あんまり共感できなかった。

原作生かし過ぎでしょ

 過去のTV版をご存知の方とか原作厨の方々に気を遣いすぎて人物関係が複雑になってしまっていて、もっと原作クラッシャーでもいいのに。と思った。アニメ版くらいに。
 昔のお話覚えてる人少ないと思うのだが。俺ですら小学生の時に原田和世バージョン見た記憶薄いし。

最後に笑うのは・・・

 でも仲里依沙が可愛いからいいやwww*1

*1:ぜんぜん関係ない話だけど、仲里依沙、BoA吉瀬美智子麻生久美子が大好きです。と、いちおアピっとくからね!!!