りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

嫁が退職する

妻が退職することになったが、手続きがどこを見てもわかりやすく載っていないので、自分で調べることにした。記録として書いておく。

前提条件

妻は産休育休を経て、2017年1月より子供を何とか認可外保育室に入れることができ、職場復帰してまだ1か月ちょっとである。

離職理由は、復職の場所が勤務地変更になっており、時短勤務を希望したのに関わらず残業を家に持ち帰らないと終わらない職場。日々荒んでいく家と家事。そんな毎日に疲れ切ったなかでの決断。

いままで1か月程度で根を上げたことのない彼女としては本当に厳しい選択だったのだろうと思う。全国でこういった形で退職を選択するワーキングマザーは多いのだろうなと思いを馳せる間もなく、もろもろの手続きをしなければいけないので調べてみたが、わけの変わらないキュレーションサイトか、アフィブログしかでてこず、「肝心のことは役所に聞いてね☆てへぺろ」とはGoogle先生も落ちたものだなと思うしかなかった。

・前年所得はゼロ(育児手当のみ)

・士業の資格があるため求職活動は比較的恵まれた環境

・次の勤務先が決まり次第すぐ復職予定

退職を決めたというのに、なぜ自分で調べないのか。

そう、それは私が溶連菌に感染し、自宅療養をしているからに他ならない。

そして溶連菌は感染症であり、一度発症すると発熱、のどの痛みを伴い、抗生物質を一定期間服用しなければならず、それが私から妻に伝染することで退職直後に発生するリスクが非常に高まっている。なんということだ。かくして健康保険だけでもめどをつけておく必要がある。(そもそもこのタイミングで感染症貰ってくる私っていったい…)

健康保険

 さて、健康保険である。国民皆保険制度は本当に素晴らしい制度で、病気やケガになったときに一定の自己負担で済む。これは重い病気になればなるほど恩恵が大きく、出産時に癒着胎盤となった妻は14リットルも輸血したのにも関わらず高額療養費適用で数万円程度で事なきを得た。健康保険がなければ想像もしない札束で殴り合う世界に行っていたかと思うと、筆舌に尽くしがたい。

 選択肢は以下の二択

・職場の健康保険の任意継続

国民健康保険に入る

あとは保険料の問題だ。

任意継続

妻の保険証から、全国健康保険協会ということがわかった。「協会けんぽ」である。金額の算出を会社の担当者に聞いたら、「けんぽの支部に聞いてね☆てへぺろ」だという。まったく役に立たない。案の定か、去りゆくもののケアまでする気がないのか。

協会けんぽを調べてみた。

全国健康保険協会

ここから各県の支部へ飛ぶ。ん、こんなときどうするから会社を退職するときが載っていた。

会社を退職するとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

ふむ。保険料は退職された時の標準報酬月額、いままで会社と折半していたものが、全額自己負担。

 

 

 ?

復職したばかりで、標準報酬月額が謎。給与明細見た方が早い。

 

となったが、なぜだか2月23日時点でも1月の給与明細が発行されていないとのこと。なんだそれ。続く。