読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

8巻でヨクサル節炸裂『ハチワンダイバー8』

ハチワンダイバー 8 (ヤングジャンプコミックス)

ハチワンダイバー 8 (ヤングジャンプコミックス)

 この作者はドラマを書けないよなぁ。エアマスターもそうだけど、バキと比較してもセリフが前景化している点で共通点を持つのに関わらず、キャラが立つバキとは異なり、「セリフが立っている」としか言いようがない。


 最強とはマラソンの先頭集団のようなものだ、という天才ゆえの悩み、化け物を倒すロマンがエアマスターだったわけだけど、ハチワンの主人公は最初から何も持っていない点で共感を呼びやすい。それがヒットにつながったのかもしれない。将棋っていう異次元世界を設定したことで、プロ棋士という神の住まう世界を具体的に表現できたのも功を奏している。


 八巻で一番輝くセリフは

俺はハイステージで実力のない場違いな人間が
バケの皮がはがれて泣きながら助けを求めてきても
手を差し伸べたりしない

逆に踏み潰してしまう

 自己啓発系の本として柴田ヨクサルは良い効能を発揮してくれる。