りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

うーむ・・・『好き好き大好き超愛してる。』

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

 いままでの舞城経験のなかで一番つまらん。やっぱ九十九十九がトップに君臨するからなぁ・・・ちなみに一番好きなのはSPEEDBOY!
 純愛とか祈りとか好きとか扱っているテーマが陳腐すぎてそんなものをこねくり回したところでどこに行けるというのだという疑問が僕の中でむくむくと肥大化していく。この文体はよく考えれば樋口一葉がすでに開発してしまっているから別に舞城王太郎が新しいわけでも保坂和志のパクリでもないのは明白なのにこの文体を使っただけで舞城王太郎のファンだと思われるのが癪に障る。
 文体を発明したところで料理の仕様がないではないか。映画のカメラワークだけ凄くても、それは見るに値しない。強度を。もっと強度を。