りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

ダメな大人しか出てこない―――純喫茶磯辺

解説: モテたい一心で喫茶店経営を始めたダメ親父が、しっかり者の娘とともに奮闘するハートフル・コメディー。『机のなかみ』で注目を集めた吉田恵輔が監督を務め、不器用なダメ人間たちが繰り広げる悲喜劇をユーモラスに描き出す。主演は、お笑い芸人としてだけでなく、俳優としてもマルチに活躍する宮迫博之。彼の娘役に『ガチ☆ボーイ』の仲里依紗がふんするほか、麻生久美子近藤春菜、ダンカンなど個性派キャストの競演が見もの。(シネマトゥデイ


あらすじ: 8年前に妻が家を出て以来、高校生の一人娘と暮らす水道工員の磯辺裕次郎宮迫博之)。父親が急死して多額の遺産を手にした彼は突如喫茶店経営を思いつき、無計画にも“純喫茶磯辺”を開店させる。閑古鳥の鳴くダサい店は、美人の素子(麻生久美子)をアルバイトに雇ってから一転、クセモノばかりの常連客でにぎわい始める。(シネマトゥデイ

 ひったすらにダメな大人、クソな大人ばっかりでてくる、極めて真面目に不真面目に作られた映画。
 真面目な大人っていうのは実は考えてみるとウソくさくて、表面的にはダメな大人ばかりで身の回りは溢れている。かもね。


 ダメ大人と真面目な子供の対比によって、子供の成長を描く。わけではないみたい。
 ダメな大人は、やっぱり駄目だからそれを含めて全体性で他人を捉える事が大切なのかな、と思わされた。ハートフルでは、ない。

キャスト

 娘役/主役の仲里依紗がカワイイ。ノーメイクでいかにも田舎の高校生っぽいけど、その芋っぽさを飛び越えてかわいい。
 オヤジ、宮迫博之のテキトーさ。高田純二みたいwwwユースケサンタマリアでも良かったかも。
 バイトの麻生久美子、いっつも馬鹿な女の役してる気がする美人さん。この映画ではダメ人間の根源に位置。微妙な演技だったので深読みしづらかった(汗
 近藤春菜、ダンカン→ナイスキャスティング!ナイスモブ!面白いwww



 身の回りのダメ人間を認めてやる器量があるかどうか、観客それぞれによって感想が180度変化しそう。この映画がダメなら、心が狭い人間なのかもしれん。