読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

これは全ての漫画家による、すべての出版社に対する代理戦争である。

しかしながら、法的な側面でみた場合、未だ漫画の原稿を「著作物」として扱われることはあっても、「美術品」として扱った前例がない。漫画の原稿の紛失については、数々の事例があるが、いずれも「美術品」としての損害賠償請求がなされたことがない。
    その意味で、数ある原稿紛失に対抗する手段として、漫画原稿が「美術品」としての位置づけを勝ち取り、漫画が美術品、つまり芸術品としての社会的地位を獲得するとともに、編集者に対して「美術品」を扱っているという自覚を持たせるべく、今後同じような過ちを犯して欲しくないという思いから提訴するものである。
―――「漫画家」は敵ではありません。 (旧)雷句誠の今日このごろ。/ウェブリブログ

 「雷句誠小学館を訴えた。じゃないんだぜよ!」と雷句は定義付けしたいんだろうな、と邪推。*1
 応援しています。

*1:ちなみに金色のガッシュは5巻まで買ってたんだけど、そのパワーインフレに耐えられなくなって挫折。