りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

意味のない想いも

 人はいつか死ぬ。チープでありふれすぎていて。

 いくら言葉を重ねようとも、塗りつぶせない事を前にして日々の中で忘れていく。

 親はいつか死ぬ。って言った方が理解が深まる。友達はいつか死ぬ。って言った方が理解が深まる。自分の死だけが信じられず、他人の死なら見届けられる。死について何かを考えることには、何か決定的な断絶がある。


 人間が生きてきた軌跡は残るんだろうか。
 誰かに覚えて貰えているという事は、アイデンティティの問題なんかじゃなくて、ただ単純な疑問として残る。
 白い鯨が悠然と海を泳いでいるという事を僕は想像できる。


 物に魂がやどるというか、関係性が染み込んでいくんじゃないか。なにかそういった思いだとか、願いみたいなものが人間の側に染み込んでいって、それがそのモノとの関係性を作り上げていく。





 僕にはもう、物を語ろうとする欲望が残されていない。