りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

海なんかより、山

「海が好き」
って人は外交的で、
みんなと盛り上がって楽しみたい人なんだろうな。


じゃあ
「山が好き」
って人は内向的かというと、たぶんそうだ。


ひきこもりってことではないけど
ただ、自然とかと一緒になってる時間を過ごしたくて
山に行く。



海って何かって考えると
いままでの生命が営んできた歴史だとか
それが含んでいる示唆はとても長いものがあるんだろう。


でも、海外線に座っている僕らには
あまりそれはリアルに感じられなくて
表面的でうすっぺらいものなんじゃないか。


それは、海水面の下を僕らが想像でしか知れないように、
想像の産物でしかない気がする。


でも、山にしていれば、
それは実際に息使いが感じられるくらいの近さで、
いろんな植物や、動物、虫、空、雲、雨、露、
すべてに「歴史」を感じることができる気がする。


流れた時間を肌で感じて、
自分が生きてきた時間のことを想う。
自分の体に積もり積もった時間を思い出す、とても貴重な時間。


「自然との対話」って言っちゃったら、
薄っぺらいけど、
人間は対比でしか
物事をうまく考えられないから、
なんかやっぱし
山のほうが好きなんだなぁって。