りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

行くしかないのに

就職活動をするための予備準備として、ウェブの各所に登録した。


普段はまったく目にしない、
いろいろな情報が頭の中に入ってくる。


そこでよく見かけた、
「いまのうちにはじめよう!自己分析!」
に衝撃を覚える。


うかれたタイトルを前にして、
僕は何をしたいんだろうかと改めて思う。
夢だとか、将来だとかについて
まじめに考えたことなんてないのに。


いざ、
「あなたの将来は、もうある程度絞られてしまっているんですよ。」
と、当然のことを言われると、すごく怖い。


人間は平等だっていうのは、
嘘だってわかってたはずなのに、
いざ突きつけられた時の切迫感。


もう、選べない。
サラリーマンになって働くしか、残されていない。
そんな当然のことが怖い。


いまさら、甘ったれたこと言ってんじゃないよ。って自分でも思う。
でも、これだけは言いたい。
怖いんだ。


もうすでに自分の将来が時間制限とともに決まっていると思うと、
「自由なんてものは幻想に過ぎない」んだと
この年になって理解する。


そして、
個性だとか
自分らしさを追い求める人ほど
収入が低い相関関係があるらしいので
地道に「稼ぐこと」について考えなきゃいけない。

下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)

下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)