りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

ロジックを破壊する言葉

この世の中には一見論理的に見えて、実はそうじゃない言葉があるなぁって感じる瞬間がある。


サカキバラ事件の時にテレビで放映され、一部の文壇を騒がせたのは
「なんで人は人を殺しちゃいけないんですか?」


よく使われる寄付金とかのセリフだと
「いま、こうしている間にも、世界の裏側では子どもが死んでいて、女性がレイプされていてエイズで死ぬ人がたくさんいるんですよ!」


最近の事例で言えば、ホリえもん
「金で買えないものは無い」


まぁ、世の中の答えなんてロジックで出せるはずが無いんだよね。人間って論理で生きるよりも、その前に動物として生きているので、動物として体得しなければわからない事がある。痛みって、体感しなきゃわかんない・・・まぁ、体感したところで、同じ感情を抱けるかというとそうでもないので、全ての人が理解できるとは限らないんですが。


こういったロジックを破壊する言葉ばっかり使う人は信用できないんです。「共感」っていう感情からは一番遠くなっちゃうから。