りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

レディ・イン・ザ・ウォーター

解説: アパートに突然現れた妖精のような娘と、彼女を救うために団結する住人たちを描いたファンタジードラマ。娘の正体を突き止め、奔走する管理人に『サイドウェイ』のポール・ジアマッティー、住人たちの運命を予言する謎の娘に『ヴィレッジ』のブライス・ダラス・ハワード。M.ナイト・シャマランが脚本・製作・監督を兼任し、現代のおとぎ話を独創的なアプローチで演出する。伏線を張り巡らせた巧妙なシャマラン式の脚本にうならされる。

アパートの管理人クリーブランドポール・ジアマッティー)は、トイレの修理、害虫の退治など日々雑事に明け暮れていた。そんなある日、何者かが毎夜アパートのプールで泳いでいることに気づいたクリーブランドは、ついにその正体を突き止めるが、それはストーリー(ブライス・ダラス・ハワード)と名乗る謎めいた娘だった。 (シネマトゥデイ

適材適所って何だろう?
って映画。


でも、寓話の色を残しすぎたため散漫な印象。
緊張感が続かない。


つーか
自分が何に向いてるかなんて
わかるはずないじゃん。