りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

企業は何を求めているのか

「今まで生きてきた
 すべての意味を
 使うことができるんだ」
                 日本橋ヨヲコ


タカマサの俺に対する洞察はいつだって鋭い。
「場に馴染むことが得意」という評価。

思い返せば、同時期に成瀬に言われた。
「お前の学校に行ったヤツは大したヤツに育つよな。お前を含めて。
だってさ、会話できるじゃん。他の学校のヤツはそうはいかない」
彼は俺らのコミュニケーション能力を評価していた。


頭が良くなることも大切だけれど、
それにともなってコミュニケーション能力も向上しないとダメ。
高い知識水準で会話に幅が生まれ、
それをコミュニケーションが補助していく。完成されていく関係性。

だから俺は以前こう書いた。
「普通であれば、それだけで生きていける」
それは厳しい言葉。
「どんな人とでもコミュニケーションしていけることが普通」
という世界だから。

他人にあわせて自分の演技装置を変更し、
素晴らしい自分を演出していく。
すべては私。すべてが私。
誠実な現実が結実される。


相手に期待しすぎ。
自分の仕事をするべき。
他人を頼っていいのは、迷っているときだけ。もう卒業の季節。
削りあいではない「コミュニケーション」をとれ。
相手を理解する強度を持って。