りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

「FinalFantasyⅦ ADVENT CHILDREN」見ましたよ。

話題になっているFinalFantasyⅦ ADVENT CHILDRENをみた。

「ストーリー」
クラウドはエアリスの影をまだ引きずってましたよ。巨乳ティファちゃんはそんなクラウドの姿が不満な様子。もっとちゃんと現実に向き合いなさいよ、とでもいいたげ。クラウドも携帯手放せないしね。
んで、セフィロスの思念体登場。>ぶっちゃけ思念体とかの定義とか忘れたとか。
(思念体って言ったら女神転生3の魂っぽいのしか連想できねぇ…)
思念体3人が襲いかかりますよ、と。新羅の人とかがんばりますけど、と。タークスとかがんばりますよ、と。この喋りの人の名前忘れたぞ、と。
それでそれで、ジェノバの欠片っぽいのがセフィロス思念体と融合。セフィロス再び、悪夢再び。「憎しみのプレゼント☆」みたいな。
クラウド曰く「俺は一人じゃないんだ」みたいなオチ。

個人的には、もっと新解釈というか附随ストーリーみたいなのが欲しかったな。FF7そのまま引っ張ってるよこの人たち!!ってカンジで拍子抜けだった。もうちっと聖痕(星痕??)症候群を煮詰めてくれればストーリーに幅が出たんだろうケド、ストーリーが適当なことで有名なスクウェアだから、そこはご愛嬌。FFの映画作ったときからその体質変わらずみたいな、ね。

ま、最近の気取ったアニメが無理にセカイを語ろうとするのと比べたら、自分のことをわきまえててFFファンにとってもイイ仕上がりなのではないかと思う。戦闘シーンでメンバー全員出てくるし、あの、ナイツオブブラウンド(合ってない気が…)とかのシーンもあるし。
先月見たスパイダーマンより100倍は面白いのでは!?