りとすら

5年ぶりくらいにブログリハビリ中!!

映画、その他映像

流行ネタを使ったところで、やっぱりフィンチャ―作品でしかなかった―――『ソーシャル・ネットワーク』

日本メディアでの宣伝が「SNSってあるよね。若い人は知ってるけど、いろいろ社会問題も引き起こしてるんだよ!そんなネットワークでの新しい広がりを題材にした映画だから、知らない人は見た方が良いよ!知らないと時代に乗り遅れるよ!」ってノリなので、ビ…

なんだかぼくはひどく疲れてしまったのだ「ノルウェイの森」を見て。やれやれ。

眠気と戦う二時間でした。 村上春樹の大ヒットベストセラー「ノルウェイの森」を禁断の映画化。ということもあって、駄作だろうが何だろうが観に行かなきゃならない全国のハルキストの皆様、大変お疲れ様でした。 ワタナベ(松山ケンイチ)は唯一の親友であ…

キャストの力で脚本をぶち破る『悪人』

キャストも監督もカメラさんも、パーフェクトだと思います。ただ、本がビミョ―で映画向きでないのかしらん。 あらすじ: 若い女性保険外交員(満島ひかり)の殺人事件。ある金持ちの大学生(岡田将生)に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、…

パンティ&ストッキングwithガーターベルトが秀逸ッ!!

やばい。やヴぁい。だいすきすぎるww 簡単でわかりやすい解説は「たまごまごごはん」のなかの人が書いてるので譲ります↓ ―――ビッチでセレブな放送コードギリギリアウトアニメ。「パンティ&ストッキングWITHガーターベルト」 - エキレビ!(1/2) ―――「パン…

劇場版『君に届け』

要は多部未華子を認めるのかどうか。 少女マンガ流のモノローグ処理がほとんどなく、原作とは違ったイメージなのかな。純正の邦画って仕上がりでした。演技の機微だけでストーリーを構築した演出力は素晴らしい。メインキャスト以外の演技力が難点だったかも…

借りエッティ。

借りぐらしのアリエッティ見てきた。 「ジブリもいろいろ大変なのかなー。事務所でかくしすぎて商業的にビジネスを成功させつつけなきゃいけないし、アニメ事務所ってどこも大変だよなぁ・・・。ま、どこも同じか。」 僕はジブリアニメを見ると毎回イントロ…

意地があんだろ!男の子にはァ!!―――スクライド

中学生のころ夢中で見てたなぁ・・・と思い出しまして、コツコツと全話見ました。 21世紀初頭の近未来、神奈川県の一部で突如、横浜を中心に自然現象では有り得ないほどの原因不明エネルギーを放出して大規模な隆起が発生し、首都圏全域の機能が失われ、政治…

実写版「時をかける少女」2010

やっと富山で公開になったので、おなじみフォルツァ総曲輪へ→http://www.tmo-toyama.com/forza-sogawa/ 富山だとココしかミニシアターなくて選択の余地なし。 今回は1974年へ飛びます。TV版(「タイム・トラベラー」)の続編という設定だそうな。見たこと…

東のエデン

TV版のみ視聴。後、映画版視聴。 # 原作・シリーズ構成・監督:神山健治 # キャラクター原案:羽海野チカ # 音楽:川井憲次 # アニメーション制作:Production I.G 攻殻SACとハチクロがともにノイタミナ枠でやってたから、そっから話が出てきたのかな。…

グラントリノ

弟が観にいくというので、お供して渋谷まで観にいった。 とても完成度が高い、笑いあり涙あり。 アカデミー作品賞受賞作「ミリオンダラー・ベイビー」以来4年ぶりとなるクリント・イーストウッド監督・主演作。 朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト…

ファンにはたまらない『X-ファイル:真実を求めて』

全世界で社会現象を巻き起こした海外ドラマの金字塔「X-ファイル」の、10年ぶりとなる映画版第2弾。 テレビ版から完全に独立したストーリーが展開する本作では、不可解な失踪(しっそう)を遂げたFBIの女性エージェントをめぐり、捜査協力を要請された主人公…

素敵な歌声―――秦基博

擦れた男性のボイスが好きなので、秦基博とかスガシカオが大好きです。 マッチョな男性よりも、セクシーで繊細な男性歌手の方が好きなんだけど、ミスチルとかゆずとかは食わず嫌いだったりします。男心は複雑です(笑)

綾瀬はるかしか、見るところがない『ICHI─市─』

たったひとりで旅を続ける市は、同じ盲目の女がチンピラたちに襲われていても、助けるそぶりすら見せない。そこへ現れたのは、藤平十馬。市にも襲いかかろうとするチンピラたちの前に勢いよく立ちはだかったものの、手が震え、戦うどころか刀を抜くことさえ…

『マクロスフロンティア』

やっとこ、追いつきましたので感想。 ストーリー展開はいつものマクロス通り、三角関係がメインで、ゴールデンのテレビドラマを見ている感覚。スクールデイズもある中、キャラ立ちでカバーしていて好感触。なので、一番好きなのは19話「トライアングラー」の…

『天元突破グレンラガン 紅蓮編』

グレンラガン劇場編、前編。まとめサイトばりのまとめ職人ぶりに監督に拍手を送りたい。アニメ版を見ていない人に対して布教活動を始めたい人にもおススメできる出来栄え。見せ場を理解している。 ロシウとか仲間との出会いパートが飛ばしぎみだけど、あれは…

副読本には言いわけしか詰め込まれていない。スカイクロラ副読本『アニメはいかに夢を見るか―「スカイ・クロラ」制作現場から』

アニメはいかに夢を見るか―『スカイ・クロラ』制作現場から作者: 押井守出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2008/08/06メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 21回この商品を含むブログ (20件) を見る ひさしぶりに娘に会ったからって、それまでの自分の制作ス…

ポニョってきた

正直言ってしまえば、「スカイクロラ」は駄作。ポニョが傑作だった。 生の生き物っぽさ 津波のシーンで鳥肌が立った。 アニメ映画で一番大切なのはストーリーでも音楽でもなくて「画面上で観客に見せている絵」がすべて。キャラクターの構図、背景、絵のトー…

繰り返される『スカイ・クロラ』

人はおおむね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。 ―――ロマン・ロラン あらすじ: 永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが暮らす、もう一つの現代で、彼らは“ショーと…

カメラワークのみ『百万円と苦虫女』

大卒業後、就職もできずにアルバイト生活を送っている鈴子。ひょんな事件に巻き込まれ傷ついた彼女は、家族のもとを離れ、人との関わりを避けるように百万円が貯まるたびに誰も知らない土地へと移り住むことにする。百万円あれば、アパートを借り、なんとか…

ダメな大人しか出てこない―――純喫茶磯辺

解説: モテたい一心で喫茶店経営を始めたダメ親父が、しっかり者の娘とともに奮闘するハートフル・コメディー。『机のなかみ』で注目を集めた吉田恵輔が監督を務め、不器用なダメ人間たちが繰り広げる悲喜劇をユーモラスに描き出す。主演は、お笑い芸人とし…

よくできた茶番劇『アフタースクール』

母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに神野の知らない木村…

僕らが知れなかった史実『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』

ベトナム戦争、パリの5月革命、中国文化大革命など、世界中が大きなうねりの中にいた1960年代。日本でも学生運動が熱を帯び、連合赤軍が結成された。革命戦士を志した坂口弘(ARATA)や永田洋子(並木愛枝)ら若者たちは、山岳ベースを設置し訓練をはじめる…

新海誠『秒速5センチメートル』

うちの弟が3月ごろにしきりに主張し始めた山崎まさよしの良さ。 4月に出会ったサークルの後輩が好きだった山崎まさよしの旨さ。 最近いきなりマイミクになったサークルの後輩が薦める新海誠。 片づけをしていたら出てきた、アフタヌーンの付録の新海誠DVD…

良くも悪くも純正和製ヒューマンドラマ―――『あの空をおぼえてる』

あらすじ: 地方都市で写真館を営む雅仁(竹野内豊)は妻(水野美紀)と小学生の息子(広田亮平)、幼稚園に通う娘(吉田里琴)と幸せに暮らしていた。だがある日、子どもたちが交通事故に遭い、息子は無事生還するが、娘は亡くなってしまう。雅仁は娘を守れ…

Perfume爆発

やっと買いましたGAME。もちろん限定版は売り切れ。Amazonの中古価格で¥6,700。ってもうプレミア付いてんのかよっ! Perfumeも、こんなに来るとは思わなかったなぁ。コンティニューとボムで特集記事だとか。コンティニューvol.39作者: Perfume,平野綾,若杉…

考え続けることの難しさ―――『大いなる陰謀』

あらすじ: 未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート・レッドフォード)の教え子(デレク・ル…

Perfume成長してますね

id:massunnkさんの影響でPerfumeのアルバム買ってみてから半年。Mステにも出れるようになってる。 ぼくの原体験として、アイドルがメジャーになっていく感覚はBoA以来。ひさしぶりに「一緒に成長してる」感覚。アイドルって、こういったバーチャルな「一緒感…

僕らは、碇シンジをもう一度背負うことになる

エヴァの特徴のひとつは、何といっても作品としての厚みだ。それは消費しつくされるようになってしまったアニメの現状をきれいに突破してくる圧倒的な暴力として機能する。 あれだけ消費つくされたものを完膚無きまでに復元し超越したこの奇跡。 ―――竹箒日記…

BSアニメ夜話にて

岡田斗司夫がめっちゃ痩せててびびったってのもあるんだけど、それよか 「押井守の映画は"押井'sブートキャンプ"みたいなもんで、ずっと厳しい押井トレーニングについてこないとわからないんだよね」 って言ってたのに感心した。確かに、そのとおり。 一般人…

『カート・コバーン アバウト・ア・サン』観た

カートのインタビューから、生い立ちや実像を探る一編。カートのバイオ本「病んだ魂」の著者マイケル・アゼラットが、執筆のために取り貯めたインダヒュー・テープの音声で構成されている。アゼラットはマスコミ嫌いだった生前のカートが信頼を置いていた、…